腰割りはダイエットに効くか?

腰割はスペースをとらず道具いらずで家で手軽にできるエクササイズ方法、そんな腰割に「ダイエットに効くの?」という質問にお答えします!

ダイエットに効くの?

まず結論から言うと「腰割自体は少ししかダイエットには効かない」と表現できます。
しかし、ダイエットをする上で腰割はもっともよく使うカラダの芯の部分をやわらかく動くやすく、そして力強くしますので、その波及効果から、腰割はダイエットのトレーニングメニューとして最適といえます。

私自身も腰割をここ半年ずっと行っているのですが、腰割が劇的にダイエットに効いているとはいえませんが
カラダの芯、いわゆる体幹をを柔らかく力強くすることで他のトレーニングの苦痛が和らぎやりやすくなり、普段座っていても立っていても楽にいい姿勢をキープしやすくなる波及効果がありました。

 

スポンサーリンク

 

ダイエットに効く腰割の3つの理由

基礎の土台をつくっていくれる腰割はダイエットをやる人にはぜひ腰割をやって欲しいもの。では、それぞれの理由について解説していきます。

1、姿勢の効果:いい姿勢をキープできることで見栄えがよくなる
2、筋トレ効率の効果:他のトレーニングの動作をより正確にし、トレーニング効果を上げてくれる
3、代謝の効果:股関節まわりの筋肉がつくことで、体の芯の血液量が多く循環がよくなる

背中

1、姿勢の効果:いい姿勢をキープできることで見栄えがよくなる

腰割でもっとも稼働されるのが股関節まわり。
股関節は上、下半身の肝の関節であり、鍛えられる骨盤の不安定な歪みの状態を改善してくれて、本来の正しい位置で動くようになると柔軟性が出てきます。股関節がよくなることで、連動して腰や太ももがほぐれていきます。
上半身では腰→背中→肩→首へと波及し、下半身では太もも→膝→足首へと波及してこわばりがゆるんでほぐれていきます。股関節はまさに全身に波及する大切な部位なのです。腰割をおこなった後、カラダ全体がぽかぽかと暖かくなってきます。そんな体験はこの部位の全身波及性を感じさせてくれます。

ダイエットは重さだけでなく見栄えも大切

このように股関節がつよくなることでそれぞれの部位がほぐれ、本来の正しい位置に収まると自然と姿勢がよくなります。

骨盤

内臓が正しい位置にいくことで便秘の解消に、背中の肩甲骨が動くようになるとすっきりとした背中のラインに、股関節が柔らかくなるとむくみの解消にダイエットにいい効果が現れます。

体幹の筋肉がつよくなるとお腹のでっぱりも上に押し上げられることで体重がかわらなくても凹む効果があり、そして腰割で背筋をまっすぐに伸ばすよう鍛えることで姿勢がピンっとよくなります。

 

腰割り

2、筋トレ効率の効果:他のトレーニングの動作をより正確にし、トレーニング効果を上げてくれる

股関節やその周辺が硬いと他のトレーニングフォームの動作やストレットを狙った部位に対して正しくできなくなります。
股関節の硬さをカバーするために背中がまるまってしまったり、狙った位置に足を上げることがむずかしくなったりと股関節と深く連動する背中、腰、足などのトレーニングで支障が出ることによってトレーニングのパフォーマンスが悪くなるのです。同じトレーニングでも本来の2割減の効果でさらに実施中は硬さから動きが苦しいという悪い連鎖がおこってしまいます。

逆に股関節の動きがいいとそれらの部位をつかったトレーニング動作が正確にしなやかにできりようになり、狙った部位のトレーニング効果があげることができます。腰割りはトレーニング効果をあげることができるのです。

背中

3、代謝の効果:股関節まわりの筋肉がつくことで、体の芯の血液量が多く循環がよくなる

腰割による効果は筋量の増量は微量であり基礎代謝の増加も微量と考えられますが、筋肉の質をいい方向にかえます。ゆっくりと腰割をすることで、ゆっくりとした高負荷のトレーニングによってもたらされると筋力の発達が促されます。筋力の発達はその部位の毛細血管が多くなることを促し、結果血液量が多くなりさらに継続的なトレーニングで循環がよくなります。

腰割は2次的にダイエットに効くトレーニング・エクササイズと言えます。
小スペースで道具いらずでどこでもできる腰割、取り組みやすいのでぜひ行ってみてください。

【関連記事】

さっそく腰割を試してみましょう!
「腰割のやり方は」こちらから

股関節の効用について知りたい方向け
「腰痛やひざ痛の原因は股関節まわりの硬さ」はこちらから