正しい姿勢を保つ方法

ふだん生活していて正しい姿勢を意識ことはすくないもの、ちょこっとだけ心がけるだけでカラダのゆがみを改善できます。そんなTIPSをご紹介。

思い当たる姿勢はありますか?

・かばんを持つ手、カバンかける肩がいつも同じ
・休んでいるとき、常に同じ足が軸足
・前かがみの姿勢で仕事している
・あぐらをかく。足を組んで座る

これはすべてゆがんだ姿勢、いびつな姿勢が続くと、筋肉がバランスわるく発達したり特定の部位が衰弱したりと、ひいては骨に影響を与えゆがみを引き起こす原因となります。

 

スポンサーリンク

 

正しい姿勢のためのTIPS

STAND – 立っているとき

1、両方の足に均等に体重をかける
2、頭が上から引っ張られているような意識を持って背筋を伸ばす
3、お腹に少し力を入れる
4、お尻を引き締める
5、どちらか片足に重心をかけて立つ姿勢はしない、両足に均等に比重をかける

STAY – 座っているとき

デスクで座って作業をする際にはPC画面と目との距離を50㎝以上はなれるようにします。

じゅうたんや畳の上に座る場合には、腰にもっとも負担がかからない姿勢は正座がよいです。
ただ膝に負担がかかるため、膝下に座布団やクッションなどを入れておくといいですね。

足を組む場合・横に座る際には、ときどき足を組みかえるようにしましょう。

WALK – 歩くとき

1、肩に力をいれず、手はリズミカルに振ります。
2、背筋をしっかり伸ばす
3、足は膝を伸ばして、かかとからつま先へと重心を移動させて歩く
4、持ち物を同じ手で持ち続けないようにバランスに気を配るように

ひと仕事すんだら合間に体を伸ばす簡単なストレッチを行うと、
歪んだ姿勢改善にもなりますし、とともにカラダもココロともにリフレッシュできますよ