コンセントレーションカール

コンセントレーションカール
Concentration Curls

上腕二頭筋
タイプ
重量
器具
ダンベル
4.5
評価
B
難易度
  • セットポジション
    ダンベルを片手に持ち、両足が地面につく高さのベンチに座る。ダンベルを持つ腕の肘を内ももにつけて、やや肩を下げて、腕を伸ばす。(伸ばし切る手前ぐらいでやや曲げた感じで)もう片方の手は膝に手を置いて上半身を固定する支えとする。
  • スタート
    肘を曲げてダンベルを持ち上げていく。肘は固定したままをキープする。手首は動かさない、ひねらない。
  • フィニッシュ
    肩の高さあたりまで持ち上げたら、はっきりと停止させて1~3秒キープする。持ち上げる時よりも、ゆっくりと下ろしていく。繰り返す場合は腕が伸び切る下げ切る手前で切り返す。

スタンディング・コンセントレーションカールのやり方
ベンチを必要としない立って行うコンセントレーションカールは、肘の裏を太ももに載せて行う。片方の手は上半身を固定すべく膝上辺りに手を添える。

コンセントレーションカール
Standing Concentration Curl

上腕二頭筋を集中的に鍛えるメニューであるコンセントレーションカール。肘を太ももにつけて実施することで、肘を固定する労力を軽減でき、より上腕二頭筋への負荷集中が図れます。アームカールインクラインダンベルカールなど、他の上腕二頭筋種目と合わせて行うことで腕のオールアウトを図りやすくなる。ルーチンの最後の締めに持ってくるのがオススメ。

コンセントレーションカール
Concentration Curls
上腕二頭筋 ★★★