ケーブル・クロスのやり方!大胸筋の筋トレのメニュー

ジムに通われていて、胸の強化に興味があるなら外せないメニューである「ケーブル・クロス」。たいていのジムには器具はあります。ケーブルクロスで鍛えられるのは、胸の筋肉の代表格である「大胸筋」。さらに三角筋の前の方に刺激を与えられるので、しっかりした肩づくりにも役立ちます。膨らみのある胸板としっかり肩幅をつくるならケーブルクロスですね!

スポンサーリンク

 

ケーブル・クロスのやり方
【ザックリ編】

ケーブル・クロスのやり方

重量をセットし立った状態で両手にハンドルを持ちます。
胸を開いて構え、手が交差するまで引き合わせます。

ケーブル・クロスで鍛えられる筋肉・効果

大胸筋と三角筋のジムならではの筋トレ

ケーブルクロスがあるジムにいったらぜひ取り入れたいメニュー。
大胸筋と三角筋をセットで鍛えることができます。

鍛えられる筋肉

大胸筋 ★★★
三角筋 前部 ★

 

ケーブル・クロスのやり方
【詳細編】

1.重量をセットする

2.立ったまま、両手にハンドルを持つ

3.胸を開いて構える

ケーブル・クロスのやり方

4.左右の手が触れるか、交差するまで引き合わせる

ケーブル・クロスのやり方

5.キープする

ケーブル・クロスのやり方

左右の手が触れるか、交差するしたらそこでキープ

6.ゆっくりと開いていく

ケーブル・クロスのやり方

7.元の構えへ戻る

 

 

スポンサーリンク

 

 

ケーブル・クロスで使用する道具・マシン

器具 ケーブルクロス

 

ケーブル・クロスの注意ポイント

効かせるゴールデンゾーン・スポットは?

ケーブル・クロスのやり方

引き始めのエリアがゴールデンゾーン。
胸の大胸筋に効かせるようゆっくり開き、ゆっくり戻しましょう。

 

ケーブル・クロスのポイントまとめ

ケーブル・クロスのやり方まとめ

ケーブル・クロスのやり方

1.重量をセットする
2.立ったまま、両手にハンドルを持つ
3.胸を開いて構える
4.左右の手が触れるか、交差するまで引き合わせる
5.キープする
6.ゆっくりと開いていく
7.元の構える戻る

ケーブル・クロスのポイント

・左右の手が触れるか、交差するまで引き合わせる
・ゆっくりと開いて、ゆっくり閉じて、大胸筋に効かせる