筋トレダイエット!男性のビフォーアフターがすごい写真5選

男の筋トレの目的は、ほとんどがかっこいいカラダになることではないでしょうか。ダイエットも痩せるだけではなく、いい見栄えのカラダにしたいもの。そんな男の筋トレの夢をかなえた成功者たちの写真を5つご紹介。細マッチョから超ダイエットまで、きっとあなたのタイプに似た人を見つけられます。モチベーションアップのひとつとしてどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

自重トレーニングのみでカラダを改造した男

b2こちらの男性はジムに通わず自重トレーニングのみで筋トレを成功させています。ちょっとぽちゃりなカラダが見事に均整のとれた細マッチョに。ゴリマッチョ手前の適度な感じが素敵。15週間は日数で換算すると105日で、約3カ月で達成しています。筋トレダイエット期間を3カ月ぐらいを目安にしたい人にとって理想的なモデルではないでしょうか。

 

自重トレーニングで成功、イケメンが姿を現す

先ほどの男性と一緒にトレーニングをしていた方です。脚の怪我をして運動をしないことによって、みるみる太ってしまいました。胸のたるみが運動のない生活をしっかり主張していますね。b3

一念発起して、自重トレーニングを行い、見事イケメン細マッチョに。
カオもカラダもいい男すぎます。詳細にダイエットプロセスを見ていきましょう!

 

トレーニング開始から2週間後

b3_1

ちょっとだけ引き締まったかな?見栄えはまだまだ。

 

筋トレ5週間目

b3_2

うーん 2週間前とあまり変わっていないように見えますが、内部で筋肉が製造されているのが感じ取れます。

見栄えの改良が目に見えてない、でも1ヶ月はやっている。
成果が欲しい時期に効果が見えない、こんなときが一番挫折の危険時期ですね。

 

8週間目、見栄えはだんだんと大きな変革に向かって進みはじめます。

b3_3

8週目は日数換算すると56日目であり約2カ月。トレーニング初期に起こる「2ヶ月目の劇的効果」が目の前にきているのが分かります。
参考:筋トレはまず2ヶ月やることがポイント!一気に向上する「初期効果」を体験せよ

ここまでの自重トレーニングでカラダの内部構造は今までとは一変しており、ここからは体脂肪削る能力と筋肉製造能力が合わさって、内と外の両輪メリットを感受できるように。

・体幹がしっかりできている → 代謝アップ・トレーニングの質アップ
・すべての部位に筋肉ができている → 脂肪がまだついているだけ

ここからは見る見る結果が伸びる時期、次の段階が楽しみになります。

 

そして、50週間目

b3_4

日々の習慣となったトレーニングで細マッチョのカラダに。約1年の結果です。依然と比べて断然顔つきが変わっています。なんというイケメンなのでしょう。

もう一度最初を見てみると・・・2週目がコレ

b3_1

まさに別人。上下を繰り返して比べると、その変容っぷりがジワジワきます。

b3_5

横からみると効果がより分かります。しっかりと肩の筋肉がつき、お腹は決してポッコリしていない。首から顎にかけてプックリあったお肉が消滅し、引き締まった凛々しい顔つきになっていることがよく分かる構図です。
細マッチョ狙いの人にとっては完璧なシルエットではないでしょうか。

 

大型デブが筋トレでカラダ大改造

アメリカ人特有の大型デブな太り方。このレベルはある意味凄い。

b1a

日本人ではあまりみませんが、この人が筋トレでどう変わったかというと・・・

筋トレダイエット どん!見事に体重も筋力もついています。凄い。

胸のたるみはあまりにも早く体改造したために、皮膚が追いついていない結果。あれだけ大きなカラダからの筋トレダイエットは厳しかったはず、その道中の努力・そして結果に尊敬をあらわします。

 

ほぼメタボ予備軍からの6PACK

b4

30代にもっとも多い体型、腹回りが出始めてか肩周りは以前のまま。お腹のふくらみはキレイになくなり、うっすら6PACKが出始めています。ここからの筋トレで6PACKがはっきりでるのは時間の問題ですね。

何より胸板が素晴らしくクッキリと浮かび上がっており、以前との違いをしっかりアピールしています。30代が理想とする筋トレダイエット像です。

 

貴重なガリガリ型からの筋トレ成功事例

b6

細体型から均整ボディに!期間は15週間で約3カ月。筋肉量がしっかりある全体のバランスがキレイです。

太っている人は内部に筋肉を隠し持っていて、実はチート的なビフォーアフターだったりします。しかしこの男性はビフォーではほとんど筋肉がありません。特に大胸筋エリアを見てもらうと、以前はかなりフラットな感じだったのが分かります。食事制限での体脂肪削りではなく、確実に筋肉をつけた成果であるということ。

ガリ体系からの筋トレボディのビフォーアフター写真は数が少ないので、同タイプの男性はお気に入りの入れておくべき成功写真。あなたの筋トレ生活が凹んだ時、このスナップが助けてくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

筋トレ・ビフォーアフターの考察

もっとも衝撃的であった一番初めの男性を例に「変化のプロセス」から、どこから変化していくのか?を詳細に検証してみました。筋トレの期間と効果を割り出します。

■最初の3週間
男性の筋トレ・ビフォーアフター

ほとんど、どの部位も変化がありません。
3週目で変化をのぞむなら、体重変化のみで筋トレ効果を実感するのは、まだ先と言えます。

■4~6週間目
男性の筋トレ・ビフォーアフター

胸筋の垂れ下がりがなくなりました。わき腹の膨らみ感がやや少なくなったことと、胸筋まわりの引き締め効果でしょうか。お腹まわりの筋肉には、わき腹が少し削げたこと以外、特に変化は見られません。
目でみてわかりやすく効果が見えるのは5週目、1ヵ月目あたりからですね。

■7・8週目

男性の筋トレ・ビフォーアフター「デブ」と表現できる体型からは脱却して、プロレスラー体型に変化しました。ここまで約2ヶ月弱です。余分な皮下脂肪はかなり除去できています。しかし、マッスルとはまだ呼べない段階ですが、以前と比べればかなりの改善。
2ヶ月で緩んだ体型は改善できると言えます。

■はじめと、23週目と50週目
男性の筋トレ・ビフォーアフター23週目には皮下脂肪は完全に取れてもはや以前の面影はありません。
ここまでで約5ヶ月ですね。いったんの大成功と言えます。

普通にダイエット目的だったらココで止めてしまうものではないでしょうか。しかし、ここから更に改善したのがこの男性のスゴイところ。50週目はシックスパックがしっかりと現われた理想的な細マッチョに。

注目すべきはその期間です。はじめからの23週間の変化は、ダイエットがメイン。ボディメイクにも同じくらいの23週間がかかっています。

23週 ダイエット期間 ≒ 27週 ボディメイク期間

ダイエットと同じ期間分、ボディメイクにも時間がかかる、という事実

劇的さがどうしてもダイエットの方が大きく、外からもわかりやすいもの。しかし、ボディメイクの結果は服を脱がない限り分かりません。それだけに外から受けるモチベーション効果はほぼなく、自発的なモチベーションづくりが重要になりますね。

こんな構図にまとめられます。

・ダイエット ・・・ 周りからの反応・喝采あり、わかりやすい
・ボディメイク ・・・ 周りからの反応なし、わかりにくい

筋トレダイエットでは、前半は周りからの反応をモチベーションにし、後半からは自分自身がやる気を生み出して継続していく必要があります。ですから後半のボディメイク期間では、今までのモチベーションを高めるやり方を他人視点から自分視点に切り替えて、自分の美学を基準に据えるのです。

ボディメイクは自己発電型のモチベーションづくりが鍵!

前半で習慣が出来れば後半はやりやすくなります。
しかしやる気スイッチがオフになるタイミングは必ずくるもの。モチベーション低下時にはビフォーアフター写真がひとつの発起材になります。そういえば、この人にあこがれて始めたんだよな・・・原点を見つめなおし初心を取り戻せるキッカケにになるでしょう。
お気に入りのビフォーアフター写真を選んでおく、これはオススメしたい必須TODOのひとつです。

やれば結果が必ずでるのが筋トレ
途中の期間はだれもが不安になりますが
最後のイメージをもって筋トレがんばりしょう!

YouTubeのビフォーアフター動画はこちら・出典

■ビフォーアフターをまとめたページはこちらから、すべてのビフォーアフター記事を見れます。
筋トレ・ダイエット ビフォーアフター

筋トレボディやる気を出させる理想的な男の筋トレボディ
モチベーションを上げてくれる。

ビフォーアフター細マッチョの男性ビフォーアフター厳選8つ
ダイエットを劇的に成功させている。

筋トレ・ビフォーアフター男性男性の筋トレボディ・年代別のビフォーアフター、いつだって遅くない!
なんと70代からの筋トレで大成功を収める。