ホーム 理論

理論

筋トレを毎日してもいい?

毎日筋トレをしても効果はあるのか?この疑問はYESだのNOだの意見が様々あり「いったいどっちなの?」と筋トレをはじめた者にとって困った問題になります。軽い疑問のようですが、しかしながら、この毎日筋トレ問題は筋トレの肝があります。目的によってNOにもYESにもなる問題であり、その理由を理解することで効率的な筋トレ方法がわかります。

糖質制限VSカロリー制限・どっちがダイエットにいい?

では糖質制限に取り組もう!と思い立ち調べてみると、何やら糖質制限を危険視する話がちらほら出てきます。せっかくやろうとしたのに水を差さされてしまう方は多いと思いますので、この際「糖質制限とカロリー制限」のどちらがいいのか、腰を据えて調べてみました。糖質制限とカロリー制限のダイエットはどちらがいいのか、その結果をまとめていきます。

筋トレ1ヶ月目の変化とスタートノウハウ

筋トレをすると1カ月でどのぐらい変わるのか?初めは最低限どんなことを覚えておくといいのか?ちょっと頭に入れておくだけでお得な筋トレノウハウと1カ月目の事例を合わせてお伝えしていきます!

筋トレはまず2ヶ月やることがポイント!一気に向上する「初期効果」を体験せよ

筋トレはいったいどのぐらいでリニューアル効果が出るのか?目安期間を把握しておけば不安にならず自信を持って取り組めます。楽しみが増える「筋トレの初期効果」と無駄をしない「効率的な方法」をご紹介。筋トレを楽しみませう!

筋トレの効果的な頻度は?

筋トレはやり過ぎても休みすぎてもうまく効果がでないもの、最小限の疲れで最大限の効果をを得て鍛えていくにはどうしたらいいか?この頻度の理論がわかれば筋トレもより効果・効率的になるでしょう。気になる筋トレの頻度について解説していきます。

時間がない人のための筋トレ術

仕事が忙しく筋トレする時間がない、ジムをいくにも億劫で行かないままになっている。 やる気はちょっとあるんだけど、何かいい方法ない? そんな時間がない人のための効果的な筋トレ術をご紹介します。

筋トレは回数より完璧な1回こそ重要・まず回数より質

回数はこなしているがあまり筋力がアップしない気がする。 考えられる主な理由は2つ。負荷が軽いか、フォームが適切でないこと。 負荷が軽いことはよく語られますが、フォームに焦点を当てた話題はあまり耳にしません。 まず処方すべきなのはフォームであり、重量はその後です。 今回は筋トレを効果的にする方法として フォームをしっかりとさせて、 1回の質を上げるやり方を取り上げます。 なぜなのか、どうすればいいのか、 アメリカのNFLなどスポーツ界で実践されてきた スロートレーニングの手法を元に 具体的な実践方法まで追っていきます。

筋トレの食事バランスは1:1:2、太らないで筋肉をつける

ご紹介したいのはアスリート専門の栄養士である石川三知さんの食事法則です。フィギュアスケートの高橋選手に食を提供していた方であり、「スポーツ栄養士」という立場に光を当てるキッカケになった凄腕栄養士さん。提言されているのが太らなくてカラダを引き締める食べ方として 1:1:2の栄養バランス。

腹筋を割るための体脂肪率

腹筋を割るための体脂肪はいったいどのぐらいなのでしょうか。 男女別に腹筋が割れる体脂肪率をまとめました。

ハード腹筋に到達するまでの期間

ただ腹筋を割るのではない。ハードに割りたい。 そんなハード腹筋を制作するための期間はどのぐらい必要なのでしょうか。 出来るだけ早く、スピードをつけて効果を出すための期間の目安をまとめました。目安の期間が分かれば後は効果が確実で早い戦略で筋トレを進めれば、圧倒的な差が生まれるでしょう。