200kカロリーを摂取するならどっち?13戦勝負!

ダイエットをするのに食べ物のカロリーを把握することは大切な知識。
ある程度は知っていても、難しいのは「見た目の量」と「実際のカロリー」を判別することだ。

例えば、200kカロリー。
食品ごとにどのぐらいの量が200kカロリーに相当するか、即答できる人は少ないだろう。

ここに26品目の200キロカロリーの対比写真をご紹介したい。
少なくても、多くても、いずれも200キロカロリーなのだ。

あなたならどちらを選ぶ?

スポンサーリンク

 

ソーセージ VS ニンジン

200kカロリー勝負
出典:pinterest

ソーセージ好きには悲しすぎる写真。
200キロカロリーのソーセージってこれだけとは・・・

多く食べるならニンジン・舌を満たすならソーセージ。
どちらも究極の選択だ。

 

チーズバーガー VS ブロッコリー

200kカロリー勝負
出典:pinterest

チーズバーガー半分に対して、ブロッコリーが山盛り。
もう森感たっぷりだ。

ブロッコリーはもともと食べ応えがある上に、これだけ食べても200キロカロリー。
食べ応え満天なブロッコリーである。

 

ポテトフライ vs ピーマン

200kカロリー勝負
出典:pinterest

なんとなく勝敗が分かる対比だ。

まずピーマンの量に圧倒される。
ピーマンしばりでこれだけ食べるのは、ちょっとした罰ゲームになるかもしれない。

 

ドリトス VS リンゴ

200kカロリー勝負
出典:pinterest

これはショッキングな事実。

ドリトス一握りで、リンゴをこんなに食べれる。

どっちも好きだからといって、ドリトスとリンゴを交互に食べてはいけない

 

 

ピーナッツバター VS キューイ

200kカロリー勝負
出典:pinterest

寂しさとにぎやかさの対比。

ピーナッツバターが、はじめは違うものに見えてしまうぐらい小さい。

ピーナッツバターの破壊力がよく分かる写真だ。

 

ハーシーチョコ VS メロン

200kカロリー勝負
出典:pinterest

これはいい勝負だ。勝敗は五分五分に分かれるのではないだろうか。

しかし、
メロンの自信たっぷりな感じに対して
ハーシーチョコの劣勢感は否めない。

 

スポンサーリンク

 

グミ VS ドライフルーツ

200kカロリー勝負
出典:pinterest

これもなかなかいい勝負だ。

五分五分な試合を演じると思われるが、
蓋を開けてみたら、グミ圧勝な気がする。

どうだろうか。

 

バター VS タマゴ

200kカロリー勝負
出典:pinterest

この写真の中で、唯一単品で食べれない野郎を発見した。

バターだ。

彼は単独指名はされないが、だいたい共犯者として登場する。

これだけのバターで、タマゴ3個とは。
バターの破壊力は凄まじい。

 

ベーコン VS アボガド

200kカロリー勝負
出典:pinterest

間違ってともに食べてしまいそうな組み合わせだ。

ベーコン・アボガド・バーガーなんてあったら頼んじゃうじゃないか。

脂と肉を楽しめるベーコンか、
こってり感と独特な味わいがあるアボガドか。

両方はダメなのです。

 

焼きパイ VS ブドウ

200kカロリー勝負
出典:pinterest

白皿に恥ずかしそうに佇む焼きパイ。
寂しさに溢れている。

対して、ブドウはのほほんと白皿ルックを楽しんでいる。

寂しさにつぶれそうな彼とみんなでワイワイする彼。

あなたならどちらに声をかけるだろうか。

 

 

マフィン VS セロリ

200kカロリー勝負
出典:pinterest

おい、セロリ・・・
やりすぎだろ?

このカードは残酷すぎる事実を突きつける。

ひとつ注目したいのは、マフィンは半分でなく4分の1であること

セロリめ・・・

 

野菜陣がボリューム感で圧倒

この13戦を通して感じたのは、圧倒的な野菜陣のボリューム感・存在感だ。
どーんと、これでもかと白皿を占領している。

反対に、非野菜グループの寂しさはなんだ?
白皿の方が目立っている。

あなたはどちらのグループに勝敗を多くつけただろうか?

野菜?非野菜?